【保存版】車のタイヤ「タイヤの空気圧がゼロになっても走れる、ランフラットタイヤ」まとめ

ランフラットタイヤは、空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。
ダンロップでは、早期からランフラット性能を備えたタイヤの研究開発に着手し、1970年に世界で初めてランフラットタイヤを実用化しました。
安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・軽量化といった環境性能の向上を同時に実現できることから、さまざまな車種に採用されています。
TYRE.DUNLOP.CO.JP

https://storify.com/atoz/runflat-tire

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と偏摩耗の関係」まとめ
《トーヨータイヤ》ドリフトパフォーマンスが凄すぎる!トーヨータイヤのCM動画まとめ
《ハンコックタイヤ》グラベル用ラリータイヤ「ダイナプロR213」をハンコックタイヤジャパンが先行発売!
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と空気圧の関係」まとめ
《トーヨータイヤ》GT-R&86が“童話の世界”でドリフト!トーヨータイヤ、ブランドコンセプトムービー第3弾が凄い!
【保存版】車のタイヤ「タイヤパターンと役割」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ偏平率とインチアップの関係」まとめ
《SENSING CORE》「路面の滑りやすさ」「タイヤにかかる荷重」を検知する技術「SENSING CORE(センシング コア)」とは
【保存版】車のタイヤ「タイヤのサイドウォールの凹みや膨らみの関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ寿命とローテーションの関係」まとめ
東洋ゴム、サッカー少年・少女たちを応援する「Next Super Hero プロジェクト」を開始
【保存版】車のタイヤ「タイヤロードインデックスとインチアップの関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤサイズと車検の関係」まとめ
「保安基準」の一部改正、タイヤのはみ出しOK!ハミタイOKのなぜ?まとめ
《エクサメーション》タイヤの製造も人工知能(AI)、ブリヂストン独自の最新鋭タイヤ成型システム「エクサメーション」とは?まとめ

Menu

HOME

TOP