【保存版】車のタイヤ「タイヤの空気圧がゼロになっても走れる、ランフラットタイヤ」まとめ

ランフラットタイヤは、空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。
ダンロップでは、早期からランフラット性能を備えたタイヤの研究開発に着手し、1970年に世界で初めてランフラットタイヤを実用化しました。
安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・軽量化といった環境性能の向上を同時に実現できることから、さまざまな車種に採用されています。
TYRE.DUNLOP.CO.JP

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

《TOYO TIRES》日本代表MF本田圭佑が出演するACミランとTOYO TIRESのCMが凄すぎるまとめ
「保安基準」の一部改正、タイヤのはみ出しOK!ハミタイOKのなぜ?まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤのメンテナンスとタイヤ寿命の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ保管方法と寿命の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とタイヤ洗浄の関係」まとめ
《東洋ゴム》東洋ゴム工業株式会社、サッカーベガルタ仙台と「CSRパートナー」契約を締結
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とタイヤ製造年週の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と偏摩耗の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「エクストラロード(XL)規格とタイヤ空気圧の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤパターンと役割」まとめ
《SENSING CORE》「路面の滑りやすさ」「タイヤにかかる荷重」を検知する技術「SENSING CORE(センシング コア)」とは
【保存版】車のタイヤ「環境貢献、経費削減に役立つ再生タイヤ、リトレッドタイヤ」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と空気圧の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ非対称パターン、回転方向パターン」まとめ
東洋ゴム、サッカー少年・少女たちを応援する「Next Super Hero プロジェクト」を開始

Menu

HOME

TOP