【保存版】車のタイヤ「タイヤのメンテナンスとタイヤ寿命の関係」まとめ

ご存知ですか?タイヤの空気圧は自然に低下します。
空気圧が不足した状態のタイヤで走行すると、燃費の悪化、ハイドロプレーニング現象、操縦性や安定性の低下、タイヤトレッド部の偏摩耗など、さまざまな悪影響が現れます。

さらには、たわみ運動量が増えてタイヤが異常に高温になり、バーストの危険性もあります。
スペアタイヤも含め、すべてのタイヤの空気圧を定期的にチェックして、常に適正空気圧を保つようにしましょう。
その際、空気圧の計測は必ず冷間時に行い、走行直後に空気圧を測ったり、空気を抜くことは絶対に避けてください。
*自分の車の自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)を確認しておきましょう。
出典 store.michelin.co.jp

https://storify.com/atoz/taiyanomentenansu

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「保安基準」の一部改正、タイヤのはみ出しOK!ハミタイOKのなぜ?まとめ
東洋ゴム、サッカー少年・少女たちを応援する「Next Super Hero プロジェクト」を開始
《F1》ルール改正で大幅に早くなる「新F1のタイヤ」につてまとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ保管方法と寿命の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの空気圧がゼロになっても走れる、ランフラットタイヤ」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とタイヤ製造年週の関係」まとめ
《F1参戦》横浜ゴムが「モータースポーツ推進室」を新設!F1参戦の可能性も
《エクサメーション》タイヤの製造も人工知能(AI)、ブリヂストン独自の最新鋭タイヤ成型システム「エクサメーション」とは?まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの基本仕様とタイヤ選択の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤロードインデックスとインチアップの関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤサイズと車検の関係」まとめ
《コンチネンタル・タイヤ》「PremiumContact(プレミアムコンタクト)6」がコンチネンタル・タイヤから新発売
《タイヤ値上がり》国内外タイヤメーカー各社、タイヤ価格の値上げを決定!!
《ダンロップ》住友ゴム、海外での「ダンロップ」商標権を買収、タイヤ事業では一部を除き全世界のDUNLOP商標権のライセンサー
《SENSING CORE》「路面の滑りやすさ」「タイヤにかかる荷重」を検知する技術「SENSING CORE(センシング コア)」とは

Menu

HOME

TOP