【保存版】車のタイヤ「タイヤ非対称パターン、回転方向パターン」まとめ

非対称パターン豆知識

以前は、非対称パターンといえばスポーツタイヤが主でした。カーブでグリップが得られやすいように、タイヤ接地部の外側を溝の少ないパターンにしていたのです。
しかし、1995年に【TOYO TIRES】が、世界初の「ミニバン専用タイヤ」であるトランパスMPに非対称パターンを採用して以来、ミニバン用タイヤといえば非対称パターンとなっています。
TOYOTIRES.JP

https://storify.com/atoz/tire-hitaishou-kaitenhoukou

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【保存版】車のタイヤ「タイヤ偏平率とインチアップの関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤのメンテナンスとタイヤ寿命の関係」まとめ
「保安基準」の一部改正、タイヤのはみ出しOK!ハミタイOKのなぜ?まとめ
《エクサメーション》タイヤの製造も人工知能(AI)、ブリヂストン独自の最新鋭タイヤ成型システム「エクサメーション」とは?まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とタイヤ洗浄の関係」まとめ
《コンチネンタル・タイヤ》「PremiumContact(プレミアムコンタクト)6」がコンチネンタル・タイヤから新発売
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とタイヤ製造年週の関係」まとめ
《F1》ルール改正で大幅に早くなる「新F1のタイヤ」につてまとめ
《ハンコックタイヤ》日本スーパーラリーシリーズでハンコックタイヤが、嬬恋キャベツラリーチームをサポート
【保存版】車のタイヤ「エクストラロード(XL)規格とタイヤ空気圧の関係」まとめ
《東洋ゴム》東洋ゴム工業株式会社、サッカーベガルタ仙台と「CSRパートナー」契約を締結
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と空気圧の関係」まとめ
《ダンロップ》住友ゴム、海外での「ダンロップ」商標権を買収、タイヤ事業では一部を除き全世界のDUNLOP商標権のライセンサー
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とスリップサインの関係」まとめ
《SENSING CORE》「路面の滑りやすさ」「タイヤにかかる荷重」を検知する技術「SENSING CORE(センシング コア)」とは

Menu

HOME

TOP