【保存版】車のタイヤ「スタッドレスタイヤの溝と排水性の関係」まとめ

スタッドレスタイヤには、太い溝が深く刻まれているので、水溜まりに入ったときなどの排水性能や耐ハイドロプレーニング性能は、一見優れているように見えます。
しかし、実際はトレッドに細かく入った切り込みにより、夏用タイヤ(ノーマルタイヤ)よりも耐ハイドロプレーニング性能は落ちているのです。

ハイドロプレーニング現象とは、自動車が水の溜まった路面などを走行中に、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えると、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象です。
経験したことのある方も多いのでは?
溝の少ないタイヤや、空気圧不足は排水能力が低いので危険です。
出典 tire-wheel.seesaa.net/

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP