【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と偏摩耗の関係」まとめ

偏摩耗 とは
タイヤの摩耗の一種で、タイヤをローテーションせずに使っていたり、空気圧が低かったり、走り方によっても起こる、部分的に摩耗した状態を指します。
タイヤは装着位置によって摩耗の度合いが異なりますので、前後のローテーションを行うなどして摩耗度合いが均一になるように心がけてください。
出典 tyre.dunlop.co.jp

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

《ダンロップ》住友ゴム、海外での「ダンロップ」商標権を買収、タイヤ事業では一部を除き全世界のDUNLOP商標権のライセンサー
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命と空気圧の関係」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤ寿命とローテーションの関係」まとめ
【保存版】車のホイール「ホイールサイズのマルチP.C.D.」まとめ
《SENSING CORE》「路面の滑りやすさ」「タイヤにかかる荷重」を検知する技術「SENSING CORE(センシング コア)」とは
【保存版】車のタイヤ「環境貢献、経費削減に役立つ再生タイヤ、リトレッドタイヤ」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤサイズの見方」まとめ
【保存版】車のタイヤ「タイヤの寿命とひび割れの関係」まとめ
【保存版】自動車税「知って得する自動車税の還付金」まとめ
《F1参戦》横浜ゴムが「モータースポーツ推進室」を新設!F1参戦の可能性も
【保存版】車のホイール「アルミホイールサイズとホイールマッチング」に関するまとめ
《FOMM Concept One》世界最小クラスの4人乗り超小型EV『FOMM Concept One』受注開始
【保存版】車のタイヤ「エクストラロード(XL)規格とタイヤ空気圧の関係」まとめ
《トーヨータイヤ》GT-R&86が“童話の世界”でドリフト!トーヨータイヤ、ブランドコンセプトムービー第3弾が凄い!
《東洋ゴム》東洋ゴム工業株式会社、サッカーベガルタ仙台と「CSRパートナー」契約を締結

Menu

HOME

TOP