《設楽悠太》初マラソンで2時間9分27秒でサブテン!次世代スターアスリート「設楽悠太」まとめ

東京マラソン(26日)で、設楽悠太(25)=Honda=が初マラソンで2時間9分27秒でサブテン(2時間10分切り)を果たし、11位ながら日本勢3番手に食い込んだ。
「走るからには挑戦でなく勝負したかった」と振り返った設楽。
日本勢で唯一、世界記録ペースで進んだ海外勢が見える位置でレース中盤まで走り、世界に挑む果敢さが光った。

レースは、前世界記録保持者で優勝したウィルソン・キプサング(ケニア)ら先頭集団が序盤から5キロ15分を切るハイペースを刻んだ。
それについて行けない日本勢は後方で自重したが、設楽だけ食らいついた。「攻めの走りはできた」。
出典 Yahoo!ニュース

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP