《市川大祐》史上最年少の「17歳322日」で日本代表デビューを果たした元日本代表DF市川大祐が現役引退

JFLのヴァンラーレ八戸は29日、元日本代表DF市川大祐(36)が現役引退することを発表した。
引退セレモニーなどについては「詳細が決まり次第ご報告いたします」としている。

市川は1998年4月1日の親善試合・韓国戦で、史上最年少の「17歳322日」で日本代表デビューを果たした。
同年のW杯フランス大会では当時の岡田武史監督(60)の判断でFW三浦知良(49)、MF北沢豪(48)とともに直前に代表から漏れたが、2002年日韓大会ではベスト16進出に貢献。
1次リーグ・チュニジア戦に途中出場し、MF中田英寿(39)の追加点をアシストした。
出典 news.yahoo.co.jp

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP