【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」に関するまとめ

世界遺産としての価値

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、長い間生産量が限られていた生糸の大量生産を実現した「技術革新」と、世界と日本との間の「技術交流」を主題とした近代の絹産業に関する遺産です。
日本が開発した生糸の大量生産技術は、かって一部の特権階級のものであった絹を世界中の人々に広め、その生活や文化をさらに豊かなものに変えました。
出典 worldheritage.pref.gunma.jp

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「小笠原諸島」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「原爆ドーム」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「屋久島」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「古都京都の文化財」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「白神山地」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「紀伊山地の霊場」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「知床」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「姫路城」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「厳島神社」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に関するまとめ

Menu

HOME

TOP