【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「姫路城」に関するまとめ

国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。

シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。

今、私たちが目にしている姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築されたもの。
400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。
出典 www.city.himeji.lg.jp

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「古都京都の文化財」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「日光の社寺」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「紀伊山地の霊場」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「韮山 反射炉」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「知床」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「白神山地」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「小笠原諸島」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「古都奈良の文化財」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「屋久島」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」に関するまとめ
【世界遺産】意外と知らない国内世界遺産「原爆ドーム」に関するまとめ

Menu

HOME

TOP